業務効率化を図る事のできるファイル共有ソフト

業務効率com

効率よく業務を行なうため

ファイル共有ソフトを使用することで、ワークスペースの共有をすることができるので、効率よく作業を行なうことができます。その他にも様々な共有機能があるので紐解いていきましょう。

ファイル共有ソフト選び方

ファイル

グループアクセスの機能

ファイル共有ソフトを選ぶうえで重視したいのはグループ単位で共有できる機能です。グループ単位でアクセスできる権限を持っていれば必要な業務が分かりやすく、他部署に必要のない情報を共有する必要がなくなるので業務効率化が図れます。

外部ユーザーとの共有機能

頻繁に情報共有を行なう協力会社や取引先の会社に特定の共有スペースへアクセス権限を付与することができます。ファイル転送する必要なく、ワークスペースを協力会社や取引先と共有することがファイル共有ソフトでは可能です。

アクセス権限の種類

法人向けのファイル共有ソフトではアクセス権限をどのように設定できるかなどの種類が必要になります。アクセスを完全にシャットダウンするだけでなく、閲覧のみ許可することなど細かくアクセス権限を設定することができます。よりセキュリティに特化しつつ、情報共有の範囲を広げることができるのが、ファイル共有ソフトの特徴です。

広告募集中